私の毎日は実験の連続である

色々な試行錯誤の記録。家事、育児、健康のことなど。

風邪で寝込んだときの養生食

まず保育園から娘が風邪をもらってきた。

次に息子が風邪をもらい、手術が延期になった。

そして私にも移り、副鼻腔炎と胃痛と熱で寝込んだ。

鼻は痛いしまだ微熱があるのだが、かなり楽になってきた。←イマココ

 

私はすぐ胃にダメージが来る。

なので食事がとても大事なのだ。

昨日胃痛が消えたのでうっかりコーヒーなど飲んでしまって、症状悪化。

大好きなのにしばらく飲めない。

いや、鼻の痛みが消えるまでは飲むまいと思う。

 

風邪を引いたときの食事は、とにかく胃に負担をかけないことに限る。

油、カフェイン、刺激物を取らないで消化の良いものだけを食べる。

なるべく栄養バランスを崩さずに、ビタミンやミネラルを豊富に。

こうなると食べられるものは限られる。

消化の良い野菜・果物、豆腐・豆乳、そしてごはん。

小麦類はもうちょっと回復するまで食べない。

消化が良い=すぐお腹が空くのだが、それは致し方ない。

どうせ胃が痛くて量が食べられない。

とにかく汁物をひとつ作って少しずつ食べれば問題ない。

 

今回家にあったものだと…

白菜、大根、人参、冷凍ほうれん草、冷凍かぼちゃ、ショウガで何か汁物を作る。

豆腐は必須。

ごはんには梅干し。

果物はりんご、梨、バナナ。みかんには手を出さない。

納豆はちょっと元気になってから、カラシ抜きで。

それからスピルリナの錠剤を水分補給時に飲んでみる。

はちみつも舐める。

これで少なくとも胃は守られ、消化器は復調していくだろう。

 

今度は風邪を引かない方法を探りたい。

 

〈続く〉