私の毎日は実験の連続である

色々な試行錯誤の記録。家事、育児、健康のことなど。

人生の勝算

 

人生の勝算 (NewsPicks Book)

人生の勝算 (NewsPicks Book)

 

 

前田裕二さんという人は面白い。

頭が良く、常人にはない行動力と熱意があり、物語がある。

差別や格差と闘っている人。

詳しくは本を読んでいただければよいのだが、

『努力が正当に報われる仕組みを作る』

という1点に人生を捧げると決めているのである。

 

ドラマチックな人生を送ってきた前田さんと、のらりくらりと生きてきた私。

年も近い、大学も同じ、新卒で外資系企業に就職したのも同じ。

だけど圧倒的に違うのは熱意かもしれない。

豊富に与えられてきた、自分で決めずとも勝手に道が決まっていった、“羅針盤”を持たずに生きてきた。

どこでもそれなりの成果を残してきたけれど、どこか一生懸命になりきれず、きっとそれが透けて見えている。

 

私は生来、そういう人間だった。

 

だが出産が転機になった。

結婚も流れで決めてしまった私にとって、子どもたちの誕生は本当に大きな出来事だった。

「こんなにも無条件でかわいい生き物がいるのか!」とびっくりした。

今までの人生で一番強い気持ち、情熱、衝動、願い。

それを全部、小さな赤ちゃんが運んできた。

そしてその気持ちを持つことがデフォルトになったため、他のものごとにも少しずつ心を込めて関われるようになってきている。

「楽しく在りたい、子どもたちが喜ぶことをしたい」という気持ち、それが今の私の羅針盤

 

元々が感情の希薄な人間なので、子どもたちがだんだんと大きくなって日常生活の中で忘れかけていたその羅針盤を、思い出させてくれた「人生の勝算」。

気持ちを新たに、また一歩踏み出したいと思う。

 

〈終わり〉