私の毎日は実験の連続である

色々な試行錯誤の記録。家事、育児、健康のことなど。

食事は大切、だけど気にしないことも大切

東京に3泊4日して昨日帰ってきた。

鼻水が止まらなくて大変な旅だった。

風邪も引いてダブルコンボ、副鼻腔炎になりかけていた。

今日になってかなり回復したのだが、あんなにひどかったのはたぶん食事のせいだろう。

ここしばらくずっと食事に気をつけていて、ほぼヴィーガン、時々鶏ささみor卵or魚、乳製品と麦と砂糖は摂らない、油は少しだけという生活をしていた。

だから滞在中にパンやチーズ、肉類にお菓子を毎日食べて体調が悪くなってしまったのだと思う。

できるだけ気にしないで楽しく食べようと思っていたのだけれど、心の隅っこでは「こんなに食べて大丈夫かな?」という心配があって、そのせいもあるのかもしれない。

息子は花粉症の症状は変化なしだった。

鼻水は相変わらず出ていたが、ひどくなることもなく治まるわけでもなく。

おそらく、食事よりもメンタルのほうが症状にダイレクトに出るのだ。

イライラしていたり、疲れていたり、眠れなかったりするとてきめんだ。

東京にいる間、運動や瞑想をしなかったのがいけなかった。

アナ雪のエルサみたいに、いつも神経を尖らせてストレスを溜めてしまうと自分で制御できなくなる。

『大らかに在る』、これが一番、全てがうまくいく秘訣なのかもしれない。

自分で作る食事は気をつけるけれど、旅先や外食や、パパが作る食事は気にせず美味しく食べられるように気持ちを切り替えていきたい。

 

〈続く〉

今日仕事でなくて良かった。