私の毎日は実験の連続である

色々な試行錯誤の記録。家事、育児、健康のことなど。

ふかしいもの研究 ~低温蒸し

ゆでたまごの研究は心が折れてお休み中。

水から70℃、80℃、90℃、100℃、全て試したのだけれどうまくいかなかった。

殻がツルッと剥けない。

70℃の温泉たまごは固まり過ぎ、多分なべさん(IH圧力なべ)は温度高めなのかもしれない。

温玉は60℃で再チャレンジするとして、ゆでたまごは多分、沸かしたお湯に入れる方法が良さそう。

そうするとなべさんで作る意味がなくなってしまうんだよな…。

素直にコンロ使って作ってみる。

 

本題はふかしいも。

なべさんでじゃがいもとさつまいもを蒸すと楽チン美味しいので、週に3回くらいは作っている。

じゃがいもは100℃で40分でホクホク、さつまいもは30分程度でしっとりになる。

とても美味しいのだが、ふと思い出した『低温蒸し』という言葉。

蒸す、と言えば100℃という固定観念を覆す調理方法だ。

これをやってみようということで早速トライ。

さつまいもを90℃で90分蒸してみた。

見た感じ、しっとり感はない。

竹串で刺すとしっかり硬さがあり、古い頭では「火が通ってない?」と思ってしまう。

食べてみると少しサクサクする!

火は通っているのだが歯ごたえが残っている。

味は…確かに美味しいが…。

いもの個体差があるし、食感は味覚にかなり影響するので何とも言えない。

また作ってみようと思う。

下記サイト参照。

 

低温蒸し情報サイト | 蒸し温度と時間の目安

 

〈続く〉

 

最近ごはんが美味しいと評判で何より。