私の毎日は実験の連続である

色々な試行錯誤の記録。家事、育児、健康のことなど。

4,5日目

4日目は捨ててもいいもの手放した方が良いものを処分する。
これは1日では終わらない。
このところずっと断捨離実行中だ。
 
というか断捨離というのは習慣であって終わりは無いのだ。
 
5日目は日課としている行動や習慣について。
これは主婦なら家事である。
ひとつひとつに対して「このやり方で良いのか?」と考えていく。
実はこの件、キッチン家電やルンバ・ブラーバを駆使していくのがひとつの正解である。
先駆者がたくさんいるので調べてみると面白い。
私の場合、食洗機は導入済み。
料理はフープロを買って切る時間を短縮、オーブンやIH圧力鍋でほっとく(自動調理をする)、そもそも下ごしらえが大変な食材を減らす、手間のかかる料理は作らない(!)などの工夫が考えられる。
それから掃除。
まず空気清浄機を導入するので、家のほこりは減ると思う。
フィルターを掃除するだけで済む。
あとは部屋を片付けお金を貯めてルンバとブラーバを買うだけだ。
そして洗濯。
でっかいバッグ型のネットがあるらしい。
それに洗濯物をためて、そのまま洗濯機に突っ込む。
そうすれば出し入れが簡単になる。
これを買う。
それから干すのとたたむのは子供たちに手伝ってもらうようにすれば良い。
 
今朝、娘が「手伝いっこ」と言っていた。
家事を手伝うかわりに、保育園に持っていくかばんの準備を手伝ってほしいと言う。
良い言葉だと思った。
「助け合い」みたいなものだが、「助ける」より「手伝う」のほうがなんとなく、双方で仕事を共有して負担も分かち合う感じがして好きだ。
夫にも参加してもらいたいものだ。
 
〈続く〉
 
それにしても娘、労働の対価として労働を要求する、ギブアンドテイクな保育園児。(笑)