私の毎日は実験の連続である

色々な試行錯誤の記録。家事、育児、健康のことなど。

②トレーニングの計画

健康かつ美しくなるために、私の気になっている点は以下の通り。

1)上半身の筋肉がない。腹筋、背筋、胸筋、上腕筋群

2 )疲れやすい

3)冷え性

4)消化器系が弱い

5)あちこちのしわやたるみ

これを解消するためのトレーニングを考える。

食事も関係してくることだが、あくまで運動に限って考えてみる。

 

1)上半身を鍛える

これは単純に腕立て伏せができるようになることを目指す。

まずはひざをついて30回、それができたらひざをつかないで30回できることを目標に、毎日続けることとする。

回数は「もう無理っ!」と感じたところからプラス2回とする。

2)疲れやすい

www9.nhk.or.jp

学生時代に運動部だったのでよくわかる。

入部当初はアップのランニングだけで呼吸困難になっていたが、2年生になる頃には1日に4試合くらいフルに出られる体力がついている。

インターバルトレーニングの有効性は当時(もう20年くらい前)から言われていた。

(早足3分+ゆっくり3分)×5セット

これを日課にし、慣れてきたら早足をジョグ、ランとレベルアップしていく。

3)冷え性

www9.nhk.or.jp

 たびたびガッテンだが(良い番組だ)試してみることにする。

 昔よくやっていたストレッチなので苦もなくできそうだ。

詳細はリンク先へ。
5つのポーズを左右30秒ずつ、1日2回(朝と夜)行う(計1日10分)

4)消化器系が弱い

sports-crowd.net

 気になる記事を見つけた。

激しい運動は血流と栄養の不足と、さらに内蔵が揺れることによって内蔵のダメージが大きいということだ。

 そういう意味でも2)で挙げたちょいキツ程度の運動が良いらしい。

内蔵の揺れに関しては体幹を鍛えて腹圧を上げることで揺れを軽減できるようである。

家に眠っているピラティスのDVDを発掘して使用することにする。

それともうひとつ、内蔵の位置を正しく保ち腹筋がつくドローイングを気づいたときに行う。

 5)あちこちのしわやたるみ

おしり、ひざまわり、胸などが加齢によってたるむのは運動によって軽減できるようなので、1)~4)の運動の効果を期待する。

顔については顔ヨガを夜に1セット行う。

www.bibeaute.com

フェイスラインケアで小顔に!たるみと二重あごを解消する顔ヨガ | 美BEAUTE(ビボーテ)

【老け顔に見えちゃう!】口元のたるみを顔ヨガエクササイズで改善 | 美BEAUTE(ビボーテ)

目の下のたるみを解消!今すぐできる顔ヨガトレーニングを解説 | 美BEAUTE(ビボーテ)

 

これで1日のスケジュールが決定した。

朝:ストレッチと腕立て伏せ

昼:インターバルトレーニングorピラティス できれば両方

夜:ストレッチと顔ヨガ

 

〈続く〉

 

それにしてもこんなにたくさんできるんだろうか。