私の毎日は実験の連続である

色々な試行錯誤の記録。家事、育児、健康のことなど。

花粉症が軽減されているような気がする

最近屋外で仕事をすることが多いのだが(家庭菜園)、なぜか花粉症の症状がそんなに出ない。

色々と対策しているのが効いているかもしれない。

 

nao-101.hatenablog.com

 

nao-101.hatenablog.com

 

・食事

・空気清浄機と掃除

・運動(畑仕事)

 

菌活に手を付けられていないが、ここまでの対策がかなり有効である。

食事で腸内環境が整ったために積極的な菌活をしなくても良いのかもしれない。

 

それよりも漢方薬の飲み過ぎの方が気に掛かっている。

この件についてはまた別の記事に書こうと思っている。

 

〈続く〉

漢方にも副作用ってあるのね。

睡眠の質を上げる

図書館で目に止まった本。

 

スタンフォード式 最高の睡眠

スタンフォード式 最高の睡眠

 

 

〈基本〉
・覚醒時の深部体温は皮膚温度より2度ほど高い
・睡眠時は深部体温が0.3°ほど下がり、皮膚温度は逆に上がってい
(皮膚温度を上げて手足の毛細血管から熱放散することで、効率的に深部体温を下げている)
・皮膚温度と深部体温の差が縮まった時に入眠しやすい 
 
すなわち、睡眠の質は体温のコントロールが鍵であるということだ。
 
〈お風呂の入り方〉
湯船に15分浸かり、寝る時間の90分前に浴室から出る。
温泉の方がより深部体温が大きく上がる。
炭酸泉は湯当たりしにくいのでおすすめ。
忙しい場合は深部体温が上がりすぎないようにぬるい入浴かシャワーで済ませる。
寝る直前でもOKなのは足湯。
 
〈環境など〉
まず靴下を履いて足を温める。
布団に入る時には靴下を脱いで熱放散し深部体温を下げる。
室温と湿度も整える。
 
〈睡眠禁止ゾーン〉
いつも寝る時間の直前から2時間前あたりが最も眠りにくい。
 
〈起き方〉
光と体温 2回アラームをかける 1回目のアラームはごく小さい音で短く。
20分後に2回目のアラームをかける。
目覚めたらすぐに起きだして体温を上げる。
日光を浴びる。
裸足で皮膚温度を下げ、自然に上がっている深部体温と皮膚温度の差をさらに広げる。
冷水で手を洗う。
 
〈食べ方〉
汁物は体温を上げる。
よく噛んで食べる事で三叉神経から脳に刺激が伝わる。
噛まずに食べると覚醒と睡眠のメリハリがなくなり記憶も怪しくなり肥満になる。
夕食を食べないとオレキシンの分泌が促進され食欲が増大する上に覚醒して眠れなくなる可能性が高い。
 
〈カフェインの摂り方〉
カフェインは基礎代謝を上げ覚醒モードに体を切り替える力がある。
眠気や疲れ覚醒時間に応じて蓄積する睡眠圧にも対抗する。
さらに他の刺激と同時に行えば相乗効果が期待できる。
会話は覚醒のスイッチになる。
 
以上がまとめ。
ほかに
・体をよく動かすこと
・寝具を快適にすること
これが快眠の秘訣ではないかと思う。
 
〈終わり〉
夫が急に二段ベッド用のマットレスを買ってくれたため、私と子どもたちは布団&布団干しから解放されることになった。
何だこの気まぐれ。「お金がない」と言っていたのに…謎である。

花粉症対策の食事 

nao-101.hatenablog.com

前記事で

・運動

・菌活

という二大指針を掲げたのであるが、やはり食事が基本であり即効性もあると思うので、改めて食事について考えてみた。

参考にサイトをふたつ紹介する。

 

www.acsysun.co.jp

以下引用

・ 炭水化物はご飯のみ。(パンなどは1週間に一度まで、しかも菓子パンはおやつとして食事にしない )
たんぱく質は、肉魚大豆を一食50グラムまで。
・ 甘いものは1週間に一度まで。
・ 外食・油物は1週間一度まで。
・ 野菜を毎食、赤白緑全色取り入れ沢山食べる。(温野菜と生野菜をバランスよく取り入れる) 
・ 調理方法で”揚げる”という方法を取らない。
・ マヨネーズは控えてノンオイルドレッシングで。
・ 卵は3日に一度又は1週間に一度までとし、魚卵はめったに食べない。
・ もち米類は1週間に一度まで、沢山食べない。 

 

概ねこの指針通りに食べれば間違いないと思う。

 

ただし、肉・卵は1日1食、魚はDHAEPAを多く含むもの、大豆はそれなりに食べてOK。

油脂については、調理油はオリーブオイル、サラダに荏胡麻油か亜麻仁油かオリーブオイル、という使い分けをしてそのほかの油脂類は家にはない。

これはこの本を参考にしたルール。

 

 では具体的にどんな食材を食べると良いのか。

www.azabu-iin.com

これは超便利早見帳的なリスト。

免疫を上げるではなく「整える」。

花粉症は花粉に対して過剰に免疫が反応している状態なので、それを抑制することが症状の軽減につながるのである。

何事もバランスが大事なのだ。

詳しくはリンク先で「抗アレルギー作用、抗炎症作用を持つ栄養成分とそれを含む食材」の項目を見てもらえれば良いかと思う。

私はその食材を使った時短メニューを考えてみた。

「これしか食べてはいけない」のではなく、1食にこの中のひとつでも取り入れようという気楽なスタンスで。

ストレスは花粉症を悪化させるため。

 

*飲み物*

・コーヒー(カフェ酸) ※ただしカフェインの摂りすぎ注意

カモミールティー、ミントティー(ルテオリン)

・生姜湯(ジンゲロール、ショウガオール)

・ネトルティー(ケルセチン)

 

*主婦の味方、混ぜごはん・炊き込みごはんバリエーション*

・大葉(ルテオリン、ロズマリン酸)と鮭(アスタキサンチンDHAEPA

・グリンピース(α−リノレン酸)とターメリック(クルクミン)

・ひじき(ビオチン、フコイダン)と野菜

・わかめ(ビオチン、フコイダン)と生姜(ジンゲロール、ショウガオール)

・きのこ、特に椎茸と舞茸(ビオチン)

・玉ねぎ(ケルセチン)、ピーマン(ルテオリン、ビオチン)、トマト(リコペン)、パセリ(ルテオリン)

・小豆入り酵素玄米(プロアントシアニジン

 

*主菜*

・鮭のムニエル(アスタキサンチンDHAEPA

・秋刀魚の塩焼き(DHAEPA

・鯖味噌(DHAEPA、α−リノレン酸

・鯵の刺身(DHAEPA、わさび)

・低温調理した鶏胸肉・ささみ

 

*副菜*

・納豆(α−リノレン酸

・蒸し野菜、ピーマン・セロリ・春菊(ルテオリン)、ブロッコリー(スルフォラファン)

・白和え、くるみ和え(α−リノレン酸

・野菜の浅漬

・海苔入りサラダ(ビオチン、フコイダン)

 

*味噌汁の具*

・玉ねぎ(ケルセチン)

・豆腐(α-リノレン酸

・わかめ(ビオチン、フコイダン)

・生姜(ジンゲロール、ショウガオール)

・鰯や鯵のつみれ(DHAEPA

・鮭(アスタキサンチンDHAEPA

・椎茸、舞茸(ビオチン)

 

*果物・デザート*

・りんご(ケルセチン)

クランベリープロアントシアニジン

温州みかん(ヘスペリジン)

・皮ごと食べるぶどう(プロアントシアニジン

・小豆(プロアントシアニジン

・くるみ(α-リノレン酸

・ミント(ルテオリン)

 

こんな感じで実践してみて、経過をまた報告したいと思う。

 

〈続く〉

理論を知っていても実践しなければ意味がない。

腰が重いのが、私の困ったところ。

今年も花粉症

本格的に発症したのは一昨日のこと。

またこの季節がやってきた…

相変わらず小青竜湯と麻黄附子細辛湯を飲んでいるのだが、効かない。

今年はいきなりドカンと症状が出て、薬が効きにくい。

これはヤバイと思って過去記事を読み直してみた。

 

nao-101.hatenablog.com

小学校の牛乳は、校医さんに診断書をもらうことができて停止できた。 

話の分かる先生でありがたい。

ちなみに漢方薬もこの先生に処方してもらっている。

 

nao-101.hatenablog.com

とにかく掃除をマメに(面倒だが)、空気清浄機は終日全力で働いてもらっている。 

 

nao-101.hatenablog.com

そう、これが一番忘れていたポイント。

最近全く運動していなかった。 

息子と一緒に踏み台昇降しよう。

 

nao-101.hatenablog.com

ストレスと症状の話。 

昨日、小学校の授業参観と保護者会があったのだが、鼻水が止まらず薬を追加しても効かず大変な思いをした。

私はあの、「私がいてもいなくても全く変わらない話し合い」がとことん嫌いなようである。

それと、もう出来上がっているコミュニティの排他性が。

 

nao-101.hatenablog.com

この菌活は、干しぶどうの酵母を起こそうとしてうまくいかなかったので止まっていた案件である。

もう一度チャレンジしてみようかな…?

食事に気をつけているので、そんなには腸内環境は乱れていないはずである。

 

目下、今シーズンは運動と菌活に取り組みたい。

毎年言っているのだがなかなかできない。

 

それと、夏になったら減感作療法!!

去年から錠剤のシダキュアという新薬が出て、5歳から治療ができるようになったそうなので息子と一緒に通おうと思う。

息子はダニもあるので、そっちもお願いしたい。

 

〈続く〉

山梨県はスギ花粉症の有病率が日本一で44.5%だそうだ。

そのくせ減感作やってるドクターはそんなにいない。

甲府近辺にはいくつかあるんだけど、もっと田舎でやってくれたらきっと需要あるのになぁ。

洗濯の時短 進捗

 続き。

 

nao-101.hatenablog.com

 

前の記事で小物だけ乾燥機、と書いたのだが、早朝にこっそり試してみたところ乾燥機能死んでた…

エラーが出たので電源抜き差ししてみたけどダメだった…

とりあえず洗濯機能が壊れるまではこのまま使うしかないだろう。

というわけで、こんなアイテムを購入。

 

ダイヤコーポレーション いろいろ物干しネット・2段 折り畳み 落ちにくいラウンドガード付き

ダイヤコーポレーション いろいろ物干しネット・2段 折り畳み 落ちにくいラウンドガード付き

 

 

この写真のやつじゃなくて浴室用の平干しネット。

外干しするとネットをマメにキレイにしないといけないと思って、部屋干し用を購入。

浴室なら24時間換気のおかげできっと乾くだろう。

これで小物干しの手間が少し軽減されるはず。

それにしても乾燥機能…一回も使っていないのになぁ。

 

それと洗濯たたみは購入許可が下りなかったので、ダンボールで自作した。

 

www.lifehacker.jp

子供用と大人用と、サイズ2種類。

 

あとはクローゼットの片付けという難関を残すのみ…(;´∀`)

 

〈続く〉

たかが洗濯と思って侮ってはいけなかった。すごい大事業である。

除湿シート購入しました

 私と子どもたちの寝床は、2段ベッドを連結したすのこベッド+敷き布団という仕様である。

布団は畳の部屋があった前の家で使っていたものである。

引っ越したら全室フローリングなのですのこを用意したのだが…

すのこって案外カビる。

通気性が良いかと思いきや、梅雨などで布団が何日か干せないとあっと言う間にカビが出てくる。

私は本当にものぐさな人間なので、布団干しなどしたくない。

重くて大変だし、この時期花粉がつくから嫌だ。

できるだけ布団を干さない生活をしていきたい。

すると、すのこの上に除湿シート、その上にマットレスというのが正解かもしれない。

敷き布団もそろそろ買い替え時なので、次に買うときは良いマットレスにするつもりだ。

しかし、2枚買ったら15万かかるのでは…?

マットレス貯金が必要だ。

貯金が貯まるまでは除湿シートだけでもプラスしておけば、少しは良いかもしれない。

ということで購入したのがこちら。

 

 

除湿シートの素材では最も高機能であると比較サイトに書いてあった「モイスファインEX」を使ったシート。

湿気だけでなくアンモニアに加齢臭まで取ってくれるということで、もし子どもがおねしょしても大丈夫という謎の安心感が生まれた。

寝てみた感想としては、最近汗で蒸れて不快感があったのが心なしか軽減された気がしている。

まだ2日なのでよく分からない。

1枚しか購入しなかったので、上半身の部分にのみ敷いているからかもしれない。

ベッドに結露はしていない。

(冬は布団をめくると結露しているのを発見することがある。今年は暖冬でそうでもないが)

窓の結露の感じは特に変化なし。

しばらく様子見である。

 

〈終わり〉

除湿シートの口コミって両極端だが、フローリングに直に布団の場合は効果が見えやすく、高気密高断熱の集合住宅でベッドを使っている場合は効果を感じにくいかもしれない。

洗濯の時短 計画編

 本格的に忙しくなる前に、家事の時短についてしっかり考える必要がある。

『丁寧な暮らし』がもてはやされる昨今であり、私もベニシアさんに憧れてはいるのだが、家事を好きになることはどうやら絶対になさそうなため、できるだけ家事をしないようにしたいのである。

今回は洗濯について考える。

 

グーグル先生に色々と聞いてみたのだが、やっぱり洗濯乾燥機は必須である。

ただし、我が家では「電気代が嵩む」という理由で却下されるだろう。

我が家の洗濯機はドラム式で購入は8年前。

一応乾燥もできるのだけど時間がかかるし、乾燥容量が少ないのが致命傷。

4人分の洗濯、しかも子供は何かしら汚して洗濯物を増やす。

すなわち、全ての洗濯物を乾燥機で乾燥させることはできない。

まとめると

・大物(大人の衣類、トレーナー、ジーンズなど)は外干し

・小物(下着など)は乾燥機

という使い分けが一番理に適っている。

小物は干す手間も多いので、乾燥までさせてしまえばその手間を省くことができる。

たたむときは洗濯機のそばでソフトケースなどに入れていき、ケースごと収納する。

そしてさらに、できるだけハンガーで収納できる服を着るようにしてハンガー干ししてそのまま収納という対策をすることでたたむ手間を軽減する。

どうしてもたたまなければならないものは折りたたみボードを使う。

そして子供にやってもらう。

 

この洗濯対策を実施するために必要なことは以下の通り。

・揃いのハンガー(子供用、大人用、スカート・パンツ用)購入

・折りたたみボード購入

・収納用ソフトケース購入

・そんなに関係ないが、ついでに服用ブラシを購入

・小物と大物を分けるため、小物をネットに入れる習慣をみんなに徹底させる

・クローゼットのスペースを大幅に空ける

・洗う方法について

大物と小物を一緒に洗濯した場合、大物だけ取り出して干し、小物を乾燥に回す必要がある。

きっと「電気代が安い時間帯に」と言われるはずなので、夜10時から朝の7時の間にそれをするとなると、朝5時に洗濯が終わるようにセットして、その後手動で乾燥を回すことになる。

大物と小物を別々に洗濯するとすれば、小物の洗濯乾燥を朝6時に終えて手動で大物を回すことになる。

どっちにしろ朝が早い…。

 

次回は窓掃除を考える。

 

〈続く〉

ランドロイドが欲しいです